月之山工房Blog tsukiglass.exblog.jp

自然に寄り添い、毎日を丁寧に生きる。里山で季節の声を聞きながら、ガラスを作りハーブを作り、作れるものは手作りする。そんな暮らしを紹介します。


by tsukinoyamakoubou
プロフィールを見る
画像一覧

古民家での暮らし


こんにちは。

以前の記事で、自宅が
見つかりません∑(゚Д゚)と
書きましたが、それは
探している物件が古民家
だからなのです。
探し始めて、もうかれこれ
2年は経つでしょうか...

古民家の離れにガラス工房を
作る。
自然に寄り添った生活をしたい。
これは、もう10年ほど
あたためている私の夢なのです。

一度、叶いかけたんですよ。
築80年の古民家に
ひとりで住んでいました。

それは、山の麓の
自然豊かで、空気も星もお月様も
綺麗な素敵な場所でした。

散歩をしていると、キジや鹿や
野うさぎに出会えます。
でもこれは、本当にたまたまの
ラッキーな出来事なのですが(^^)

昔の家なので、トイレは外に
あります。
昼間はよいのですが、問題は
夜中です。
たまぁ〜にあるんです。
夜中にトイレに行きたくなる事が...

目が覚めます。
時計確認! あぁ 夜中だよ(-.-;)y-~~
街灯なんてありません。
外は真っ暗闇です。
怖いので、我慢します...

格闘する事 1時間。
もう限界です‼︎

覚悟を決めて、外に出ます。

すると、その日は満月。
真っ暗闇のはずなのに
月の光でとても明るいのです。

なんともいえない幻想的な
風景でした。

私の工房名は、月之山工房と
いいます。

昼間の緑豊かな山々の景色。
夜の幻想的なお月様。
普段、私が見ていた風景から
この名前に決めました。


b0356976_10463382.jpg



さぁ!
ガラスに必要な機械も揃えたし
そろそろ、工房やりましょうか!
という所で
引っ越す事になります...

続きは、またの機会に(^^)




[PR]
by tsukinoyamakoubou | 2016-05-16 22:45 | 古民家までの道のり | Comments(0)