月之山工房Blog tsukiglass.exblog.jp

自然に寄り添い、毎日を丁寧に生きる。里山で季節の声を聞きながら、ガラスを作りハーブを作り、作れるものは手作りする。そんな暮らしを紹介します。


by tsukinoyamakoubou
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:古民家までの道のり( 8 )

決まりました!



突然ですが
お家、決まりました*\(^o^)/*



b0356976_20563391.jpg


お家 〜決まるまでの道のり〜

順を追ってお知らせします(^^)


[PR]
by tsukinoyamakoubou | 2016-08-24 20:53 | 古民家に住むまでの道のり | Comments(2)

手放してゆだねる


以前の記事

家、見学に行くで、家探しは
お休みしますとお伝えしました。

いったん、手放したのです。

すると、3日後に事態は動きます。


実は、見学に行った家とは
別の物件も(別の不動産屋さんで)
見学の予約を取るためにメール
していました。
でも、返信はありませんでした。


そして、家探しはお休みします宣言
から3日後に、返信がありました。
(6月8日です。)


探さないって決めたら
メールきたよ。
これは、どういう意味なんだ?
ほっとく?
うーん..でも、せっかく返信
くれたしな〜

と、パパと話し合いの結果
とりあえず、行ってみる事にしました。


そして、予約を入れた、6月12日
担当の方を見てビックリ‼︎


1年程前に、物件の案内をして
いただいた方でした。


その時は、違う不動産屋さんに
お勤めされてましたが、5ヶ月前に
今の不動産屋さんに、引き抜かれて
転職されたそうです。
そんな事、まーったく知らずに
メールをしていました。


そして、1年前に1度会っただけの
私達の事を覚えていてくださった
のです‼︎

古民家で...平屋で...
納屋付きで...畑付き..出来れば山林も
と、とても細かなところまで。


そして、その日は2件、物件を
見ましたが、残念ながら私達の
希望する家とは、少し違いました。


そしたら、私達の希望する条件は
知っているから、条件に近い家が
見つかったら、連絡しますよ。
と言ってくれるではありませんか*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


そんな風に、言ってくださるなんて
思ってもみなかったので
とても感動しました。


こうして、私達はその方に全てを
お任せする事にしたのです。


手放して、ゆだねる

b0356976_01125117.jpg


そしたら
思いもよらない展開になりました(^^)♫



[PR]
by tsukinoyamakoubou | 2016-08-08 23:54 | 古民家までの道のり | Comments(2)

探し物見つかる


昨日、本棚の整理をしていたら
ずーっと探していたスケッチが
見つかりました。


こんな所にあったのね(^^)


b0356976_17560692.jpg



私、少女時代は絵が大好きで
時間があれば、絵を描いていたのですが
中1の時、ある出来事がキッカケで
絵が描けなくなりました。


トラウマってやつです。


でも、古民家に住んでいたとき
お散歩していたら、生命力溢れる
植物達を見ていたら、描ける気が
して、数十年ぶりに描いてみた
南天の絵です。


そういえば、少女時代も
紅い実のものばかり描いていたな(^^)


ただ描く事が楽しかった
あの頃の気持ちで、もう一度
描く事ができた絵でした♫


この絵を見て、また絵を描いて
みたいなと思いました(^^)



[PR]
by tsukinoyamakoubou | 2016-07-05 17:42 | 古民家までの道のり | Comments(2)

パパのお誕生日会


昨日はパパの誕生日。

夜、お誕生日会をすることに(^^)
娘、段ボールに入ってパパの
帰りを待ちます。


b0356976_11352482.jpg


パパに、何が一番食べたい?
と聞くと、からあげ〜♫
と、小3男子のような答え(^^;;

まだまだお肉が好きなのね〜
と思いつつ、今日の主役はパパ
なので、唐揚げ、作りましたよ(^^)

b0356976_11352445.jpg


そして、ロウソク ふぅ〜

b0356976_11352539.jpg


その後、ケーキを食べながら
話し合います。

b0356976_11385432.jpg


どんなお家に住みたいか。
そぅいえば、具体的に話し合った事
なかったね〜

書記は娘です。

b0356976_11352529.jpg


紙に書き出す事が大事
なんだって〜
後は信じて待つ。

もう当分の間、物件を
探し回ったりはしないけど

信じて待つ事にします(^^)




[PR]
by tsukinoyamakoubou | 2016-06-08 11:44 | 古民家までの道のり | Comments(5)

家、見学に行く


今日は、長いお話です。
宜しくお付き合いくださいませ(^^)

ずーっと気になっていた
物件がありました。

1度パパに相談するも
遠ぃわ〜と却下。

そうよね...

そうなんです。
私達の家選びの条件の1つに
通勤時間30分以内
というのがあるのです。

そこは45分程かかります。

1度は諦めましたが、諦めきれず
1週間後に再度、相談。

私が余りにしつこいので
パパ折れてくれました(^^)

早速、日曜の午前中に
予約を取ります。

物件は、予想をはるかに超えた
素敵なお家✨
周りの景色も最高です✨✨

この部屋は何の部屋にする?
ここは、リフォームかな..
会話が弾みます♫

ここに住みたい〜と娘。
遠いわぁと渋っていたパパも
かなり気に入ってます。
気がつけば1時間半も見学を
していました。

私達は、もう完全に住むつもり。
この後、小学校も見に行こうか〜
などといいながら、不動産屋さんに

ここ気にいりました(^^)
と伝えたところ...

そうでしょ〜
でもこの物件、以前見学に来られた方が
昨日の夕方に手付けを打たれました。

?????

何を言われているのか
すぐには理解できませんでした...が

では
な・ぜ・み・せ・る・の ?

昨日の夕方でしょ?
連絡をもらえれば、今日、私達は
無駄な夢を見、無駄な時間を
過ごさなくてよかったのですよ。

でも、そんな事を言ったって
話はひっくり返りません。
よく理解できないまま諦めて
帰りました。

パパと娘は、仕方ないやん〜と
さほど気にしていない様子。

私は平静を装うも、ふつふつと
湧いてくる怒りを抑える
事ができません。

何かがおかしいのです。
前回の物件も、あり得ない事が
起こりました。
そして、今回は理解不能です。

これは、何かの精神修行ですか?

夕飯時、娘がやらかした小さな失敗に
あり得ない位、叱りつけます。
それは、完全に持って行き場のない
怒りを娘にぶつける行為でした。

そして、自己嫌悪 ...

もう自分の感情がコントロール
できません。

夜、寝室に行くと、こんな本が
枕元に置いてありました。

b0356976_13203021.jpg


パパです。

題名を見た瞬間、なんとなく
今起きている事の原因が
わかったような気がしました。

だから、家探しは当分の間
お休みしようと思います。

そして寝ている娘の寝顔を見て
ごめんね..と謝りました。


最後まで読んでくださって
有難うございました(^^)



[PR]
by tsukinoyamakoubou | 2016-06-07 06:38 | 古民家までの道のり | Comments(2)

どっ どうゆー事ですか‼︎‼︎
と聞いたところ
遠い親戚から売却を
反対されたので、ほとぼりが
冷めるまで待ってほしいとの事。

そりゃ〜 ないよ(´Д` )

こちらが物件を見に行く前なら
ともかく、その取り止めのタイミング
完全にアウトですやん。

と、言いたいところをグッと
我慢します。
何故、我慢したかというと
先祖代々、受け継がれてきた
土地を、自分の代で売却する
という事は、大変な決断なのだと
私達なりに理解をしているから。

では、半年待ちますので
話し合いをしてください。

という事で、勿論その半年間で
話し合いをしてもらっているもの
と信じ待っておりました。
が...

半年後、連絡を取るも
話し合い全くされてませんとの事。
他の物件、探された方がよいのでは
と不動産屋さんに言われる始末。

......(°_°)

なんだったんだ。私達が待っていた
半年間は...

そして、何度も催促するうちに
売主さんと、連絡が取れなく
なりましたとさ。

古民家物件は本当に難しいのです。
それでも古民家は、遠い昔の時代の
人々が生活するにあたり、本当に
考え抜かれた設計になっていると
思います。

昔の暮らしを実践したい私には
古民家しかないのです♫

少し暗めの話になってしまったので
気持ちを切り替えて
今日、収穫した綺麗なハーブの写真で
お別れしましょう(^^)

b0356976_23291590.jpg


では、おやすみなさい( ´ ▽ ` )ノ



[PR]
by tsukinoyamakoubou | 2016-06-02 23:00 | 古民家までの道のり | Comments(2)

古民家物件の難しさ


はぁ...
もう、ネタがありません。

だって、人の日常なんて
平凡な生活の積み重ねであって
そうそう何か特別な事なんて
起こりませんよ ε-(´∀`; )

家が決まらないストレスなのか
抜歯後、痛すぎて寝むれていない
からなのか...
つい、悪態をついてしまいました
m(_ _)m

本当はね、今頃
古民家物件リノベーションの
様子を、毎日upする予定で
おりました。

さかのぼる事、昨年の10月
不動産屋さんの紹介で、ある物件を
見に行きました。
その物件を見た途端、いえ物件よりも
周りの景色を見た途端
ここに住みたい!と強く思い
即、買います‼︎ と不動産屋さんに
お願いをしました。

はぁ やっと決まったね♫
長い道のりだったね〜と家族で
新しい家の話題で楽しく盛り上がり
ながら、帰りました。

家に着くと、不動産屋さんから
電話が... 仕事、早いね〜✨なんて
言いながら、電話に出ると

すみません。売主さんが売るの
待ってくださいとの事です。

なっ!なんですと⁉︎

b0356976_22462795.jpg



[PR]
by tsukinoyamakoubou | 2016-06-02 14:28 | 古民家までの道のり | Comments(2)

古民家での暮らし


こんにちは。

以前の記事で、自宅が
見つかりません∑(゚Д゚)と
書きましたが、それは
探している物件が古民家
だからなのです。
探し始めて、もうかれこれ
2年は経つでしょうか...

古民家の離れにガラス工房を
作る。
自然に寄り添った生活をしたい。
これは、もう10年ほど
あたためている私の夢なのです。

一度、叶いかけたんですよ。
築80年の古民家に
ひとりで住んでいました。

それは、山の麓の
自然豊かで、空気も星もお月様も
綺麗な素敵な場所でした。

散歩をしていると、キジや鹿や
野うさぎに出会えます。
でもこれは、本当にたまたまの
ラッキーな出来事なのですが(^^)

昔の家なので、トイレは外に
あります。
昼間はよいのですが、問題は
夜中です。
たまぁ〜にあるんです。
夜中にトイレに行きたくなる事が...

目が覚めます。
時計確認! あぁ 夜中だよ(-.-;)y-~~
街灯なんてありません。
外は真っ暗闇です。
怖いので、我慢します...

格闘する事 1時間。
もう限界です‼︎

覚悟を決めて、外に出ます。

すると、その日は満月。
真っ暗闇のはずなのに
月の光でとても明るいのです。

なんともいえない幻想的な
風景でした。

私の工房名は、月之山工房と
いいます。

昼間の緑豊かな山々の景色。
夜の幻想的なお月様。
普段、私が見ていた風景から
この名前に決めました。


b0356976_10463382.jpg



さぁ!
ガラスに必要な機械も揃えたし
そろそろ、工房やりましょうか!
という所で
引っ越す事になります...

続きは、またの機会に(^^)




[PR]
by tsukinoyamakoubou | 2016-05-16 22:45 | 古民家までの道のり | Comments(0)